「セキュリティベンダーでは守れない」、
日本MSらがXPのサポート終了を警告
2014.02.14,16:15 
「セキュリティベンダーでは守れない」、
          日本MSらがXPのサポート終了を警告


 Windows XPのサポート終了まで残り55日となった2014年2月13日、日本マイクロ
ソフトは記者説明会を開催。セキュリティベンダーらとともに、新OSへの移行を
改めて促した。

 Windows XPは、4月9日の定例セキュリティアップデートを最後にマイクロソフト
からのサポートが終了する。その後はWindows XPに脆弱性が見つかった場合でも
セキュリティパッチは配布されず、脆弱性情報が公開されることもない。

 詳しくはこちらをクリック→ 「IT pro」 より